Top

想いのままを綴っています  
by akonaru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Pianoコンクール♪
すっかり、ご無沙汰しております!
夏休みに入った!と喜んでいたら・・・あと残りわずかですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて・・・
夏休み前に行われた息子のピアノコンクールのお話になります。
息子のピアノも春から3年目に入りました。
今年は先生から初のコンクール参加のお誘いを受け
春から練習を重ね、無事コンクールも終了致しました。

結果は、予選通過にかすりもしない、「かわいい演奏」苦笑。
他の皆さんが同じ年齢とは思えないほど
リズム感、テクニック、感性、音の美しさなどすべてにおいて
バランスがとれ、とても素晴らしい演奏で、息子の弾くピアノは
その中でも幼くて「かわいい演奏」でした。。

最近は、そういった「素質」に関しては、息子はちょっと無理だなと感じていました。
だけど、本人はピアノが大好きで大好きで、褒めてあげると
嬉しそうにキュンと口を結んで、柔らかく口角が上がり
両方のほっぺにエクボができて
それは、それは、とってもいいお顔でリズムに乗って弾くのですよ・笑
私はその息子の横顔が大好きなんですけどね・・・親ばかっ!

コンクールの翌日、ピアノの先生から息子の様子を心配してお電話がありました。
心配??落ち込んでいないか・・・なんですけどね。

先生は、緊張し過ぎていつもの息子の楽しい演奏でなかったことが
とても残念だったと。
そして、こんなお話をして下さいました。

私は、コンクールだけがピアノのすべてとは考えていないので
その点では、私は他の先生と比べて、まだまだ駄目な先生だなと思いました。
だけど、私の尊敬するピアニストで既に亡くなられた方が書かれた本の中に
「子どもの成長がまだ追いついてない段階で、無理に指を作って
音を潰してしまうよりは、楽しく生き生きと弾けるピアノの方がいい」とあり
私は、全くその先生と同じ考え方なんです。


息子は体系も小さくて、特に指は細くて不安定な指先。
テンポがあり力強さを要する曲や難しいテクニック面では
かなり苦労していました。(ま、それだけではありませんけれど)

確かに、お上手なお子さんは、予選通過が当たり前で、先生、親御さん、ご本人も
この日の為に練習を積んできたような迫力がありました。
「素質」のあるお子さんだからこそ上の世界を目指せるのだと思うのです。

先生には、
「私達はもう充分です。ありがとうございました。
 私達は、先生にご指導頂けて本当に良かったと想っています。」
とお伝えしました・笑



息子にとっての「ピアノ」の存在ってこれから、どう変わってくのでしょうか・・・。

今はただ、大変だけど毎日続けること、物事に丁寧に取り組むこと・・・
そして、音楽を楽しむこと。

そして、もうひとつ欲を言えば・・・

息子が弾く拙いピアノの音色で、将来、身近な人でいいから和んで下さったら・・・
いつか、そんなお返しが出来る子になってくれればと思っています。

*************
夏休みは、ほとんど毎日、朝から夕方までBOY達が集っています!
ここに写ってないもうひとり(2歳)はお昼寝中♪
「ただいま~!」って入ってくる子もいたりして・・・汗^^;
b0085381_115829.jpg

[PR]
# by akonaru | 2009-08-20 11:10 | * Diary
それでも恋するバルセロナ
気の使わない友人と久々に、何も考えなくてもいい映画!観てきました。

『それでも恋するバルセロナ』

どこまで、この方達、情熱的で開放的な恋愛を繰り広げるのだろう・・・
ある意味、とっても羨ましい。。
人生や人間関係に疲れた時に観る映画として、私はオススメです^^

ペネロペのイメージが大逆転するほど、「異常な女」の役で出演。
元夫とスペイン語と英語の掛け合いも笑えます^^

b0085381_1134329.jpg


最近のお買い物で気に入ったモノ。。
[PR]
# by akonaru | 2009-07-02 11:58 | * Diary