Top

想いのままを綴っています  
by akonaru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
4歳になりました♪
先週、1月26日は息子の4回目の誕生日♪

やっと、4歳!もう、4歳!
無事ここまで成長出来たことにうれしい反面
自分の手をまたちょっと離れて行くことの寂しさも隠せないのが母の本音

これからは、もっともっと楽しいことや
もっともっと素敵なことがいっぱい待っているのよ♪

私の言葉に、きらきらと眼目を輝かせながら
こぼれんばかりの笑みの我が子の姿・・・
一生、忘れることはないでしょう

ママ4歳!を迎えた私への何より素敵なプレゼント
こちらこそ、ありがとう

今年は頑張ってお誕生日ケーキを作ってみました
息子が大好きないちごがいっぱいです♪
b0085381_22122732.jpg

ケーキ作りは未知の世界・・・
スポンジ作りはパスして、生クリームとカスタードクリームだけ作りました
中身はフルーツたっぷりのカスタード味

初めてにしては・・・型になっていますか?
お菓子作り上手な皆様、優しいコメントをお願いいたします♪^^;

一番、肝心なお味は??とっても美味しかったです♪^^

********************************************************

夕食は息子のリクエストに応えて・・・
b0085381_2230117.jpg栗ご飯、大根の煮物にお造り
お誕生日なのに、まるで、おじさんメニュー!
地味です^^;

こんな時期に、栗ご飯なんて!・・・と思っていましたが去年の秋に
母が冷凍で送ってくれた栗がありました

お母様の作るお料理で好きな食べ物は?と教室で聞かれると
「だいこんのにもの!れーす!」
と答えてくれているそうです


私のこんなつたない料理でも、息子にとって「母の味」になるのかと思うと
これからの母親業にも励みが出ますね


********************************************************

お誕生日のプレゼントと言うわけではありませんが
先日よりちょこちょこ編んでいたマフラーが出来ました

b0085381_22432233.jpg

             寒さに負けず、お外で思いきり遊んでくれますように♪


4歳になった途端に、赤ちゃん返り??
ここ数日、兎に角、わがまま言って泣いてばかりいます・・・笑

私も今日はとうとう「もう、そんな子はママの子どもじゃありませんから!」と
部屋を出て行きました

すると、部屋から大声で泣き叫ぶ声が・・・


どうして、どうして、ママは行っちゃうの?
ボクはこんなにママを愛しているのに
ママはもうボクを愛してくれないの??
ボクはママのことが大好きなのに、ママはどうしてボクを愛してくれないの?
ボクはママのお腹にいる時から、ずっとママのことが大好きなのに・・・!
もう、ボクはママのそばを離れないから!ひとりにしないから!
ママをもっと大切にするから!
だから、もう行かないでぇ~~!

(しばらく、号泣!)


なんて、情熱的でせつない「愛の告白」なのでしょう。。
聞き耳を立てながら、こちらまでドキドキ~♪

あらっ!どこかで聞いたような、聞いたことのないようなフレーズ!



「冬ソナ」再放送の見過ぎです^^;



そうね、いつかあなたも大人になったら・・・
自分を見失うほどの素敵な恋もして欲しい・・・


母の知らないところで・・・お願いしますネ
[PR]
by akonaru | 2007-01-30 23:21 | * Diary
初雪の日の届け物
今日は朝から冷え込みがきついと感じましたが・・・
初雪でしたね♪
b0085381_2311546.jpg



チラチラ舞い散る雪の中、実家の母から届いた宅急便
月に何度もいろんな物が届きます

b0085381_23112965.jpg今回は息子がおねだりした「ばあばのおちゃかな」
とは、かえりのポン酢漬け

魚好きな息子は温かいご飯にのせ
今よりもっと小さい頃からバクバク・・・







そして、チョコレートの詰め合せ
b0085381_23225251.jpg
右端1個、お先に戴いちゃいました~^^;



こちらのチョコ、義父が母に贈ったお歳暮・・・出戻り??ですね
(76歳の義父・・・今、ネットでお買い物にはまってます)
b0085381_2323103.jpgb0085381_2323237.jpg










お友達と食べればいいのに~
送料も結構高いので、もう送らなくていいと言うのですが・・・
言葉でうまく言えないけれど、心の中でいつも感謝しています

******************************************

去年の話になりますが、息子の受験が終わってから私が親知らずを抜くので
1週間ほど、お手伝いに来てもらいました
ここ数年は、持病になってしまっためまいが良くならず
フラフラしながらも気丈夫な母は明るく前向きです
せっせと家事やお庭の手入れ、息子の遊び相手など忙しく働いてくれました

1週間後、羽田まで息子と母を送りに行った時の事
母が搭乗口に入るなり息子が号泣!&絶叫!!
「ばあば~行かないで~!!行かないで~!!」とこの世の別れかのように
ターミナルに響き渡るような大きな声で!

今にでも、私の手を振り切って搭乗口を突破するかのような興奮振りでした

母の姿が見えなくなり、泣きじゃくる息子を抱き上げると、なぜか私まで悲しくなってきて・・・
熱くなった息子のおでこに、私のおでこをくっつた瞬間、思わず涙が・・・
とうとう搭乗口前で時間が止まってしまいました

いつもそうなのですが、「送り人」になった時は別れ際、
寂しさが込み上げるものですね

私達の様子を始終見ていたビジネスマンの方や航空会社の方々・・・
あの時は、遠巻きに私達親子を優しく温かく見守って下さいましてありがとうございました^^;

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

母が帰って、2~3日してから探していた物が出てきました
b0085381_23554166.jpg


母が編んでくれた小さな小さな私の手袋とベレー帽
1歳か2歳ぐらい時のもの
すっかり色は褪せてしまいましたね
b0085381_02230.jpg

いつもこんな風に母の温かを感じながら
そして大人になった今でもそれは変わりなく
いつまでも子どものまま・・・です

ベレー帽は1歳の息子へ・・・♪
(ケープはレース編み得意な叔母からです)

子どもって、またすぐに会えるのに楽しかった日は今日でもう最後!
みたいに思うようで、母との別れもそれはそれは辛かったようです

大好きな人との別れ際に、別れを惜しんだり、せつなさ、寂しさを初めて覚え始めた
時期でもありました
少しずつですが、日々成長を遂げているのですね


そんな息子も
もうすぐ、4歳をむかえます
[PR]
by akonaru | 2007-01-21 00:20 | * Diary
あれから12年…
あの日の朝方の出来事を思い出すと、まだまだ恐怖が蘇ります。
当時は私は大阪で一人暮らし。幸いなことに被害から間逃れました。

電話は地震直後すぐに不通。
死者が短時間の間に100桁が1000、2000、3000…と増えていくのをTVで見ながら、大変な事が起こってしまったとただただ呆然としているばかりでした。

亡き父が亡くなる少し前に、当時西宮市で震災に遭った話をポツリ、ポツリとしてくれました。
長期の仕事の為、会社の寮の2階で寝ていた父は、潰れてぺしゃんこになった1階部分の上に乗っかっている状態だった。
まだ薄暗い闇の中を裸足のまま無我夢中で走った。
助けを求める人達をの声を振り切って…。

落ち着いてからすぐに又寮に戻り、まだ会えぬ同僚達を探した。
瓦礫の下から聞こえる人達の声を頼りに、無事だった同僚達と共に救助活動にあたった。
父は前日まで楽しいお酒を飲んでいた同僚や大切な友人も亡くした。
50歳半ばにして、人生観が変わったようでした。

大切な人を震災で亡くし、家も職も無くし、何もかも地震によって一瞬にして奪われた人達が
当時、急速に復興が進む神戸の街に心が付いて行けず、行き場を無くし戸惑っていた姿がとてもせつなく辛かったな。。
ずっと話せずにいた父も、話せないほど辛かったのでしょう。

息子にもおじいちゃんの経験を必ず伝えます。

あれから12年…私達は学んだのかな。。。

沢山の星になった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
[PR]
by akonaru | 2007-01-17 11:18 | * Diary
お正月気分もおしまい
b0085381_1864995.jpg

お正月気分もそろそろおしまいですね。
今日も暖かくて過ごしやすく気持ちのよいお天気でした。


昨日は、少し朝からバタバタしながら主人の叔父(義父の兄)の13回忌法要で遠出となりました。
男2人、女3人の5人兄弟の中、叔父が一番早く逝ってしまいましたが、残りの兄弟は義父を始めとてもお元気揃い。
義父がいつも「3人寄るとかしましいィ~!!」と悲鳴を挙げている叔母達にも久々に会うのでお年賀のご挨拶にこちらを用意しておきました。

b0085381_17392512.jpg
関東に身寄りのない私。
その上、義母も既に他界してしまっているので、自分達が母親代わりだと思って下さい…と、本当に暖かく私を迎えてくれた叔母達。
妊娠した戌の日にも、水天宮さんへ連れて行ってくれたり、息子が生まれた時には翌日ぞろぞろ~と賑やかに、病院へ息子の顔を見に来てくれました。
それからも、何かある度に話を聞いて貰ったり、遊びに行かせて頂いたり甘えて、可愛がって貰っています。
昔々のキャリアウーマン走りの叔母達。
頭脳も身体も健康!かしまし娘(70代後半)達のあまりの元気さに、毎回会う度に私の方がパワーを頂いています。




それにしても・・・昨日も叔母達は凄かったわぁ~と、朝はちょっと遅めに起床。
今日は少々お疲れ気味の私。
b0085381_1803029.jpg


自宅用(私用?)に買っておいた同じ最中を、疲れた時や風邪気味の時には絶対お勧め!のビタミンCたっぷりのお抹茶と頂きながら、叔母達も食べてくれているかなぁ~と、昨日を想い出しながら少し想い出し笑いもしてしまいました。

そうやって可愛がって貰いなさい!と亡き叔父が見守ってくれているのかも知れません。

*****************************************

冬の夜は長くて・・・♪

息子が寝静まった夜は、赤ちゃんの時にベストを編みかけて放っておいた毛糸をほどいて
一番、簡単な物を編んでいます。(↓ベストの編みかけ)
もう、簡単な物しか編めなくなってしまったみたいです^^;
b0085381_18161131.jpg

[PR]
by akonaru | 2007-01-14 18:21 | * Diary
お正月は近場で♪
お正月は近場でのんびりしたいなぁ~という夫の一言で、車で一時間弱の
「パンパシフィックホテル横浜」へ行って来ました。

臨月時に、ふたりだけの最後の旅行でこのホテルを利用したのが初めて。
1週間後に息子が誕生。それから、親戚との食事会などでちょこちょこと使わせて頂いている何かと思い入れのあるホテル。

今回は、以前から泊まってみたかった特別フロアの25階に滞在することにしました。

このホテルのお部屋のカラーがシンプルで落ち着いた色合いが、とても気に入っています。
ロビーでは、祝酒の振る舞いや、祝餅のお福分けも頂いてお正月の雰囲気がいっぱい。
突き立てのきな粉とあんこのお餅が美味しかった♪
b0085381_22512232.jpgb0085381_22514313.jpgb0085381_2252211.jpg








b0085381_22573123.jpgb0085381_2258342.jpgb0085381_22581878.jpg








この特別フロアには、フロアゲストだけが利用出来るラウンジがあり、そこで朝食、ティータイム、カクテルタイムをみなとみらいの景色を眺めながら過ごすことが出来ます。
限られた客数なので、いつも静かなのがいい。

私達も夕食後、息子の子守りを交代しながら、それぞれラウンジで過ごしました。
息子を出産後、こんな素敵なロケーションで大人の時間に憧れていました~。
ホテルオリジナルのカクテルで、みなとみらいの夜景を見ながら一人時間に乾杯♪
b0085381_23202265.jpg

ほんの少しの時間でしたが、私にとってはとても貴重な時間でした。
今年の作戦?をいろいろ練ることが出来ました^^

翌朝は、早起きをして息子のリクエストでコスモワールドや日本丸に乗り込み、息子サービス♪

ゆっくり過ごせたよ。近場もいいなぁ~と、満足そうな夫でした。
[PR]
by akonaru | 2007-01-07 00:02 | * おでかけ
迎春
新年 あけまして おめでとうございます

b0085381_23174129.jpg

昨年は、私の気まぐれなブログへ遊びに来て下さいましてありがとうございました。
ネットを通し、多くの方と出会い、また皆様から多くの刺激を受け、自身の生活に潤いが持てたことに感謝しつつ、今年もよろしくお願いしいたします。

お正月花を久々に生けてみました。
二十歳から習っていた「嵯峨御流」(家元は京都・大覚寺)
今ではすっかりお正月だけとなりましたが、久々でも生けている時間は背筋がピシッ!と伸び、頭の中は集中して「無」の状態。
こんな清々しい気持ち・・・最近は忘れていました。

さて、今年のお正月。。
義父が同居していない事を良いことに、本当に簡単に!「形」だけとさせて頂きました。
我が家のおせち料理なんて…とてもとてもお見せ出来るものではございません。
が、元旦、目覚めと同時に思いついた一品があったので、早速、作ってみました。

b0085381_23292173.jpg


スモークサーモン、数の子、生ハムのにぎり寿司。
スモークサーモンには黒胡椒を振り、数の子は三つ葉の枝で結わえ、生ハムにはゆずといくらを載せてみました。
お味は想像以上に美味しかったです。
実は、お寿司作りは初めてのこと。
とても、難しくて時間のかかるものと思い込んでいたので、こ~んなに簡単に出来るとは。。
2007年の幕開けは明るいのかしら?是非、そう思いたいですね。

今年も皆様の沢山のお料理も期待しております♪

皆様の2007年も、素晴らしき輝き多い1年でありますように・・・♪
[PR]
by akonaru | 2007-01-03 23:51 | * Diary